2010年03月29日

<防衛省>前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分(毎日新聞)

 陸上自衛隊第6師団第44普通科連隊の前連隊長が、日米同盟に関する首相発言を批判するかのような発言をしたとして処分されたことを巡り、陸自第11旅団(北海道・真駒内駐屯地)の中隊長(3等陸佐)が、榛葉賀津也副防衛相らに「連隊長の発言は全くおかしくない」などと発言を擁護し、処分を批判するメールを送っていたことが分かった。

 北海道の別の部隊(第2特科連隊)でも、中隊長(1等陸尉)が朝礼の訓示で連隊長の発言を擁護し、自衛隊の最高指揮官である鳩山由紀夫首相を批判したことも判明。防衛省は3佐について「正規の手続きを経ず意見具申したのは規則違反」として今月3日に口頭注意処分とした。1尉は「公の場での発言ではない」として厳重指導にする方針。

 前第44普通科連隊長は先月、宮城県の演習場で開かれた米陸軍との共同訓練開始式の訓示で「同盟というものは『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものではない」などと発言。同省は「政治や外交を軽視し、首相発言を非難していると誤解を招く発言」と文書による注意処分にしていた。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
空自官製談合:空幕長が「悪意なし」発言 会見後に訂正
空自官製談合:防衛相「絵に描いたよう。びっくり」
準強姦未遂容疑:防衛大学生3人を逮捕 自衛隊・警務隊
埼玉県警商標権侵害:防衛省が警察庁に再発防止を要請
官製談合:空自で 公取委が改善措置要求へ

読者モデル募るぜ!! メンズナックルとニコ動、審査生放送へ(産経新聞)
<平塚競輪場>「チャリLOTO」6億円超す 当選なく(毎日新聞)
足利事件再審 判決要旨(3)(産経新聞)
中井氏、警護官と別行動なら問題=週刊誌報道で自民総裁(時事通信)
国際ジャーナリストの大森実氏が死去(時事通信)
posted by m4la2dyoy5 at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。