2010年03月27日

元家裁書記官に懲役11年=判決文偽造、預金詐取−さいたま地裁(時事通信)

 実在しない人物の戸籍を作った上、判決文を偽造し、債権者を装って銀行預金や供託金をだまし取ったとして、詐欺や虚偽公文書作成などの罪に問われた元京都家裁書記官広田照彦被告(37)の判決が25日、さいたま地裁であり、田村真裁判長は懲役11年(求刑懲役15年)を言い渡した。 

【関連ニュース】
「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕
未公開株上場話で詐取容疑=被害3億か、投資会社社長逮捕
元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取
私学補助金4分の1に=投資詐欺事件で減額

CO2が20分の1、過熱水蒸気式ごみ処理システム開発(産経新聞)
<殺人未遂容疑>インスリン投与の看護師を再逮捕 京都(毎日新聞)
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ−厚労省(時事通信)
政府案、月内策定を約束=普天間移設問題−鳩山首相(時事通信)
<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)
posted by m4la2dyoy5 at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。